FLOW開発の流れ

ご相談から納品までの流れ

企画・開発

図面などの御用意の無いお客様の場合、
ニーズ、予算などインタビューを行ない、概略の構想にて、概算見積を行ないます。

お見積り(無料)

概算見積りは、図面不要です!

即日打ち合わせ

東京工場だからできるきめ細かいフォロー

基本設計(¥10,000〜)

デザイン・設計コンセプトの確認。3DCADなどによる形状検討。図面作成段階から支援。

試作・設計

製品の形状設計を行ないます。この際、加工上のノウハウから最適な形状を提案させて頂きます。C面の有無1つで大きくコスト・品質が変わってしまうのが、プラスチック加工の難しさです。また材質等の選定も行ないます。
ご要望により、3D-CAD化や、モデル製作も行い、製品の形状確認を行ないます。モデルも切削加工、光造形などの対応が可能です。最近では、3D-CADの形状確認のみ、というケースもあります。単純な形状であればこの工程は省略する場合が多いです。

設計検討

量産における品質・コストの検討。試作レス設計検証(CAE)など

素材検討

熱可塑性エラストマーエンジニアリングプラスチック、各種プラスチック、VE/VAにより金属部品の提案も可能

コスト検討

量産コスト・イニシャルコスト・ランニングコストの検討

試作・検証(プロトタイプ製作:¥10,000〜)

プロトタイプ(切削・光造形・3Dプリンター)

量産・製造

生産数量の多い製品では一つの金型から製品を複数個取出す多数個取りの金型を提案致します。金型の費用は割高になってしまいますが、製品コストを低く出来るため、ロットが大きい場合、トータルコストを低く抑えることが出来ます。金型取数はお客様の御要望のほか、弊社所定の検討方法により、最適な取数を御提案します。金型は標準で2年間または10万ショットまでの耐久保証付きです。(1個取なら10万個まで)御要望により更に長期の保証のほか、1000ショット耐久程度の安価な簡易金型も可能です。
設定生産ロットに基づいて、量産を行ないます。プラスチックの成形では大量生産を安定的に行なうことが得意です。射出成形では金型を使用するため、基本的に同じ寸法・品質の製品を安定的に得られます。月産100万個という製品も十分対応できます。もちろん1ロット1万個未満の小ロットでも対応致します。

金型製作(金型設計製作:¥150,000〜)

金型設計製作。量産性の確認

量産・製造(製品量産:¥0.5/pc~)

技能士資格保有者が責任製造。加飾(塗装など)・組立・パッケージ・検品

品質保証・検査

検査仕様に基づき検査を実施します。
検査項目は、寸法・外観・機能について行ないますが、その他のお客様の御要望にも柔軟に対応します。

品質保証

スタッフ全員がQC検定保持者

故障解析

故障解析・X線観察、各種試験・環境調査など

在庫管理

梱包仕様に基づいた梱包を実施、出荷します。
弊社では、規定在庫保有や、当日出荷サービスなどのオプションサービスを用意致しており、お客様の在庫削減やSCMをバックアップします。

在庫管理(コスト:ご相談に応じます)

部品1個から即日発送可能。販売用パッケージまで!東京倉庫だからできる対応力